FC2ブログ
0125_convert_20171030174015.jpg
近くのお寺様の「代替わり」の法要がありました。おそらく5年以上準備をして二日間の法要を盛大に綿密に・・・・。
残念なことは法要中「台風の雨」でありました。「檀信徒の皆様も残念」と言っておられました。

しかし式の内容は「大変すばらしいものでありました」「確実に若き僧侶の皆さんが育ってきている、確信できる式」でありました。

式を見ておられる「檀信徒の皆様の表情」が「僧侶とは葬儀、法事以外このような修行もあるのか?」
寺と個人とのお付き合いが「葬儀屋様からの葬儀と法事、、」ぐらいしか関心がなくなる今の時代、「この寺と檀信徒一体の大法要」に大きな意味を感じました。
それにしても、単なる大学生が、段々と難解な言葉を覚え、作法を覚え「大声で示し」皆をリードしてゆく、関係の若き和尚さんのお世話と御指導、、凄いものがあります。「ここまでできるのだ」

最近のおっさん、すぐ涙が出てくるようになりました、「悲しくても、うれしくとも」「感激、感激、カンゲキ」涙腺が壊れたのでしょうか
スポンサーサイト


秘密